トイレがつまったら

便器の上の方にまで水位が上がってきたら、焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。

自力でつまりを解消する場合は、ラバーカップがよく使われます。ラバーカップを使用する際は、まずトイレの水が万が一溢れても良いように、トイレの床に新聞紙やタオルなどを敷いておきます。ぬるま湯をくんだバケツも用意しておきましょう。

ラバーカップを静かに押し当て、勢い良く引きます。上手に行うポイントは、勢いよく押すのではなく、押すときは静かに押し当て、引くときに勢いをつけるという点です。何度か試してみて、つまりが取れるか様子をみます。つまりが取れた様子があれば、水を流します。このとき、注意するにはトイレのレバーで水を流さないという点です。もしつまりが取れてなかったら、水があふれる可能性があります。水を流すときは、くんでおいたバケツのぬるま湯を使いましょう。

自力でつまりが解消できないときは、それ以上事態がひどくならないように状況を維持して、水のトラブルの専門業者へ依頼しましょう。最近では、365日24時間対応してくれるところもあります。トイレのトラブルは生活に直結するのですぐに解決したいものです。万が一のときにあわてずに済むよう、日ごろから緊急連絡先として、業者の連絡先をチェックしておくと便利です。

推奨リンク≪トイレつまりトラブル対応:水道救急センター