トイレがつまったら

便器の上の方にまで水位が上がってきたら、焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。

自力でつまりを解消する場合は、ラバーカップがよく使われます。ラバーカップを使用する際は、まずトイレの水が万が一溢れても良いように、トイレの床に新聞紙やタオルなどを敷いておきます。ぬるま湯をくんだバケツも用意しておきましょう。

ラバーカップを静かに押し当て、勢い良く引きます。上手に行うポイントは、勢いよく押すのではなく、押すときは静かに押し当て、引くときに勢いをつけるという点です。何度か試してみて、つまりが取れるか様子をみます。つまりが取れた様子があれば、水を流します。このとき、注意するにはトイレのレバーで水を流さないという点です。もしつまりが取れてなかったら、水があふれる可能性があります。水を流すときは、くんでおいたバケツのぬるま湯を使いましょう。

自力でつまりが解消できないときは、それ以上事態がひどくならないように状況を維持して、水のトラブルの専門業者へ依頼しましょう。最近では、365日24時間対応してくれるところもあります。トイレのトラブルは生活に直結するのですぐに解決したいものです。万が一のときにあわてずに済むよう、日ごろから緊急連絡先として、業者の連絡先をチェックしておくと便利です。

推奨リンク≪トイレつまりトラブル対応:水道救急センター

つまりの原因は?

トイレのつまりは、なぜおこるのでしょうか。トイレの排水缶はS字にカーブしている部分があるのが一般的です。S字にカーブすることで、その部分に水が溜まることで下水からのニオイをシャットアウトしたり、下水から虫やネズミなどが上がってきたりするのを防ぎます。生活にメリットをもたらしてくれるS字カーブですが、物を落としたときなど、トイレがつまるきっかけになっているのもこのS字です。

トイレがつまる原因はさまざまです。中でも、物を落としたり、水に溶けないものを流してしまったりするケースが多くあります。他には、トイレタンクの中にペットボトルを入れ、節水をしている場合によく起こります。節水をすると、物を流すのに十分な水量が得られず、流しきれなかった物が排水管の中に少しずつたまり、最終的にはつまってしまいます。

トイレットペーパーは溶けるから大丈夫と思っていませんか。たしかに、トイレットペーパーは水解紙といって、水に溶ける仕様になっています。しかし、瞬時に溶けるわけではないので、溶けるまで時間がかかります。そのため、大量のトイレットペーパーを一度に流すこともつまりの原因になります。特に、海外生産されたトイレットペーパーの中には水に溶けにくい粗悪品というケースもあるので注意が必要です。

 

トイレのつまり対処法

トイレのつまりは日常生活で突然やってきます。突然のことに慌ててしまう人も少なくありません。トイレは私たちの生活に直結する問題なので、トラブルがあるとすぐに生活に影響が出ます。トイレがつまる主な原因は何でしょうか。また、自宅でできる対処法があるのでしょうか。

トイレが詰まりかけていると、当然のことながら、水を流したときに流れが悪くなり、水位が上昇します。完全に詰まってしまっている場合や、排水管の中で水が流れる量よりも、上から流した水の量が多い場合は、水が便器の中いっぱいにまでなってしまうことも。最悪の場合は、便器の外へ水があふれてしまいます。

トイレを流したときに、普段とは異なるゴボゴボという音が聞こえたり、いつもよりも水の引く速さが遅かったりする場合は要注意。トイレがつまりかけているサインです。おかしいと感じていても、生活に支障がない場合は、放置されることが多いトイレのつまり。つまりかけサインを見逃さないで、早めに対処することで、完全につまることを防げます。

トイレのつまりは、特に集合住宅の場合には要注意です。つまって水が溢れたら。階下の下に迷惑をかけることにもなりかねません。つまらせる前に対処することを習慣にしておきましょう。

ここでは、トイレがつまる主な原因を探り、その対処法をご紹介します。万が一のときに慌てないように、日ごろから情報を集めたり、トイレの様子に変化がないかチェックしておいたりすることが大切です。